woodyfurusato.com

秋葉原殺傷事件、被告の死刑確定へ 最高裁が上告退ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
woodyfurusato.com

秋葉原殺傷事件、被告の死刑確定へ 最高裁が上告退ける

東京・秋葉原で2008年、7人が死亡し、10人がけがをした無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた元派遣社員の加藤智大被告(32)の上告審判決が2日、最高裁第一小法廷であった。桜井龍子裁判長は、一、二審の死刑判決を不服とした加藤被告の上告を退けた。死刑判決が確定する。

 判決によると、加藤被告は08年6月、秋葉原の歩行者天国にトラックで突入し5人を殺傷、その後にダガーナイフで12人を殺傷した。

 被告側は昨年12月の上告審の弁論で「犯行時は心神喪失か心神耗弱の状態だった疑いがある」と主張。「死刑は重すぎる」と減刑を求めたが、小法廷は判決で「周到な準備のもと、強固な殺意に基づき、残虐な態様により敢行された」として退けた。その上で「社会に与えた衝撃は大きく、遺族らの処罰感情も峻烈(しゅんれつ)だ」とし、死刑はやむを得ないと結論づけた。